« ほぼ日手帳 | トップページ | ほぼ日手帳を使えるその日まで »

2006年10月31日 (火)

今更ながら・・・涼宮ハルヒの憂鬱

なにやらアニメなどで人気が急上昇したようですが、小説出始めのころから読んでおりました。

涼宮ハルヒの憂鬱

出始めのころの売り出し文句は文章をほめる内容だった記憶があります。
その売り出しの帯に惹かれて、買ったのですが、当たりでしたね。
読みやすいし面白かった。一人称の小説でここまで楽しめたのは久しぶりでした。
登場人物がとてもユーモアあり、特徴的で間違いなく印象に残ります。

内容も突発的なファンタジーだけど、日常とのバランスが面白く最後まで楽しんで読めます。

しかしオチがなかなか秀逸だった・・・。
お勧めの一冊です。ぜひ読んでみてください。
(中、高校生向けかもしれませんが・・・)

|

« ほぼ日手帳 | トップページ | ほぼ日手帳を使えるその日まで »