« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月28日 (金)

夜泣き?

最近夜の9時ごろになると、寝ていた息子が悲鳴のような声を上げて泣き出します。
何が怖い夢でも見たのかな~?とか思いつつ、あやすのですが、生後4ヶ月の赤ん坊が見る怖い夢ってなんでしょう?

お腹空いたと泣いている時に、出来上がったミルクを目の前でチラつかせてちょっとじらしたりしたのがトラウマになっているのだろうか・・・。

そもそもこれくらいの年で夢って見るもんなんだろうか?

最近寝返りをうつ事を覚えた息子。寝ているときにうつ伏せになって呼吸困難にならないかとヒヤヒヤで、悲鳴が聞こえるとドキッとします。

|

ストレス解消方法

ストレス解消には体を動かす方が良いような記事やTV番組を見たことがあります。
そこで心療内科の先生に、やはりストレス解消には体を動かした方が良いのかをたずねてみました。

回答は「体を動かすことが好きな人以外ではあまり効果はないし、逆にそれをしなければならないと思うことが負担になることも考えられる」というものでした。

昔から体を動かすことは嫌いではないが、率先して運動をするほどで無かった私の場合はどうなるのでしょうか・・・。

まあ、毎日朝のジョギングをしている自分の姿など、想像も付かないんですけどね。

|

ネットワークの瞬間的な切断

いつものように常駐先でのトラブルの話。

ここ最近、ノート型PCを使っているユーザーからネットワーク接続が瞬間的に切断されることがあると言われます。
有線ケーブルで接続していて、サーバー側やルーター側にはエラーログが残っていないのに、確かにネットワーク接続が切れている。

実際に切れてしまったPCを触ることが出来たので、ipconfigコマンドを使って、色々と調べてみたところ、PC(クライアント側)はIPを持っていると認識している。
しかも、IPの再取得をしても問題なし。

しかし再取得しても切断された状態になっている。

NICの問題か?と思ってIRQの競合など調べてもWindows内ではまったく問題なし。
しかし、ドライバが古い(2001年のドライバを使っていた)ことが判明しました。

ドライバ更新して直るものなのかとっても疑問ってかそもそもの原因が分からないため、今日も接続が切れたユーザーの下へ駆けつける日々。

何が悪いんざんしょ?

|

2006年4月14日 (金)

疲れ

ストレス社会とよく言われますが、何でも明日あの仕事やらなきゃとか家に帰ってからも考えているのは、結局仕事をしているのと状況は変わらないので、ストレスが溜まる一方なんですと。

心療内科の先生に言われてしまいました。

それを思うと、仕事以外でも自分に何らかの負担となる目標を掲げているってのは、結局ストレスになってしまうのかな~?とか思ったり。

結局ストレスって何やってても溜まるものだから、ほどほどのところで解消するようにしないといけないってことなんでしょうかね。

自分の場合好きな音楽を聴きながらインターネットをだらだら見ているか、ゲームやっている時が何も考えずに済むのでめちゃくちゃストレス解消になっている気がする今日この頃でした。

|

2006年4月12日 (水)

パスワード

定期的に更新をするのが、最近のセキュリティ事情の常識とはいえ、毎回新しいパスワードを考えるのって結構しんどい作業だったりします。

連番数字で変更だと何かあったとき問題になるし、かといって乱数で作るのは面倒くさい。

結局なんかのごろあわせで作るのですが、さすがに少々ネタ切れ気味。
何か忘れずにいられる良いパスワードの作成方法は無いものでしょうか・・・。

|

2006年4月 8日 (土)

ネクタイについて

常駐先の上司に「ビジネスでネクタイを付ける時ってどんな時?」と聞かれ、はて?どんな時だとろうと改めて考えてみた。

客先に訪問するときなどは当然ビジネススーツでネクタイを付けるものだが、自社内にいるときは付けたり付けなかったりする。

付ける理由って何だろう?そう思ってネットを検索したいたらそれらしき答えが出てきました。

ネクタイをする理由

どうやらからり長い歴史の中で培われたファッションのようで、改めてネクタイを付ける意味を知った感じです。

|

Windows

常駐先ではOSにWindows2000が使われています。
世の中ではすでにWindowsXPが標準となっていにも関わらず・・・。

XPでは出来ることが多くなっており、ユーザーの使用に制限を設けるのが難しいのだとか・・・。
でも世の中はすでにVistaに向けてOSの改変が始まっている状況。
さてはていつ頃この会社は次のOSに切り替わることになるのだろうか。

できることならMacを導入してもらいたい・・・。最近のニュースではIntelのCPU搭載したMacならWindowsXPも動くらしいし・・・。

もう処理能力が遅く壊れやすいPCはこりごりです・・・。

|

2006年4月 3日 (月)

コーヒーの謎

またまた常駐現場のお話。

なぜか最近ノートPCの故障原因にコーヒーをこぼしたというものが多い。
というか、コーヒー以外をこぼして故障させたという話を聞かない。
なにゆえこぼす液体がコーヒーしか無いのだろうか?

ジュースや紅茶など飲んでいる人たちもいるのだが、必ず故障したPCから漂うのはコーヒーの香り。

なぜか動かなくなったというから、引き取ってみると、キーボードがベタベタしており、くすんだコーヒーの臭いがするのです。
「絶対コーヒーこぼしたやろ!」と言いたいのですが、まあサービス業の我々としては強気に責めるわけもいかず、言葉静かに修理費十数万円の見積書を渡すのみです。

故障原因『コーヒーをこぼしたことによる基盤故障』として。

|

2006年4月 2日 (日)

壊れやすいPC

最近、常駐先のPCが頻繁に故障します。
故障内容としては、電源を入れてもWindows2000が正常に起動しないとか、BIOSすら立ち上がらないというもの。

理由はいたって簡単で、ボタン電池が原因だったりHDDが完全にご臨終していたりするわけなのでして・・・。まあ、このような故障はまだ仕方がないとあきらめられのですが、ノート型PCの故障がひどい。

何しろUSBで使っていたマウスを外したら差し込み口の端子ごと抜けたり、液晶ディスプレイと本体を繋ぐヒンジ部分のストッパーが完全に使い物にならなくなり(当然液晶がパタリと倒れる)、本体と液晶画面の間に割り箸挟んで押さえたりなどして修理までの間を繋ぐ訳です。
しかし、修理費が高い!
本当にリースに入っていてお得なのかと思ってしまう金額です。
そのまま新しいPC買ってしまえる金額です。修理なんてしない方がお得です。

デスクトップとノートPC共にD社なんですけどね・・・。
こんな壊れやすいPC売っている会社のPCは個人では絶対に買いたくないと思う今日このごろです。

|

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »