2007年1月24日 (水)

Windows VISTA

Windows VISTAがOEMで搭載されたPCを触ってきました。
(まあ、店頭のPCではありますが)

感触としては、うわさになっているほど重たい感じはしません。
どちらかというとサクサク動いていました。

PCのスペックは、CPUがAMDの1.6GHz、メモリーが1GのノートPCでした。

ウィンドのアニメーションも心地よい速度で動作しております。
そして、新しい画面はやはりというかMacを彷彿とさせますね。

個人的には、デザインはXPよりもVISTAの方が好きですね。

OS購入するとなると、5万はかかりそうですが、そのうちPC本体と抱合わせで購入したいと思います。

|

2006年11月20日 (月)

コーヒーこぼしたPC

以前にも書いたタイトルですが、相変わらずPCに何故かコーヒーをこぼす人が多いんですよ。

しかも、何故か乾かしただけで大丈夫と思っているのか、こぼした後サポートスタッフに連絡してこないんですよね・・・。

そんなわけで、コーヒーこぼしたPCの対処についてちょっと語ってみようかと思います。

まず、コーヒーなり液体をPCにこぼした場合、PCが壊れる確率はかなり高いと思ってください。
ちょっと知識があるような方がまれに、乾燥させれば大丈夫みたいなことを言うことがあるようですが、壊れるものは壊れます。

最新のLet's Note Lightみたいに、水をコップ一杯こぼしてもOKという機種(PC本体に高度な排水機能が付いている)でない限り、内部に液体は残ります。
IBM Think Padにも防水処理として、排水溝が付いていますが、その性能は絶対ではありません。過信すると痛い目にあいます。

液体は基盤部分やキーボードの裏側など、隙間のあるところに溜まってしまい、残ります。そしてしばらくするとそのたまっていた液体が悪影響を及ぼすのです。

じゃあ、どうしたら良いの?
ということになりますが、方法としてはPCを分解して、液体を拭き取り乾燥させる以外手立ては無いでしょう。

こぼした瞬間に基盤がショートした場合はアウトですので、基盤交換をメーカーに依頼することになります。

以前実例としてあったのが、「急にキーボードが利かなくなった」という問い合わせが入り、PC本体を調べてみたところ、キーボードの裏面にこびり付いたコーヒーの跡がありました。
あきらかにコーヒーこぼした後に、そのまま放置して乾燥させたつもりでいたものと思われます。
そのPCは結局基盤からすべて交換するというメーカー対応の依頼になったのですが、もっと早めに連絡してくれていれば、キーボード交換のみですんでいたかもしれないんですよね・・・。

そんなわけで、何となく大丈夫そうみたいな素人判断は危険ですよ!というお話でした。

|

2006年11月15日 (水)

アクセス解析

ココログのアクセス解析は面白いですね~。

過去30日間とかで解析をしてみて思ったことは、更新しないとアクセス数が激減するということ。

しかも1週間とか間が開くと、この傾向は顕著に現れるようです。
やっぱりBlogって書く内容の傾向を決めて、更新していかないとダメみたいですね。

すでに日記的な内容だとネタが無いわ。

|

WindowsLive使ってみました

MSNのアカウント持っていたので、WindowsLiveのスペース機能を使ってみました。

というか、自分のプロフィールを編集しようとすると、必ずスペースの編集をしないといけないらしい。このため、自動的にWindowsLive上にもう一つのBlogページが作られてしまいました。
葉月屋本舗

使い勝手で考えると、Blog書くならココログの方が楽だわ。
WindowsLiveは.macとかのネットワークを使っていろいろやりたい人向けだね。出来ることが多くて何やるか考えるのがめんどい。

友人とSNSのようなコミュニティを作るのならWindowsLiveが良いんだろうけど、権限設定とか結構めんどくさいもんですなぁ・・・。

まあ、時折WindowsLive側のBlogも更新してみようかと思いつつ、でもネタが無い今日この頃です。

|

2006年11月 2日 (木)

C1の分解について

とても詳しく情報を掲載されているサイトにたどり着きました。

C1Xfinder

後日自宅のC1の分解をするときの参考にさせて頂きたいと思います。

それにしても、C1の分解改造関係でこの葉月屋ブログにアクセスする方が数名いるんですね・・・。検索でヒットするのでしょうか。

|

2006年11月 1日 (水)

グッスミン試してみました

グッスミン 50ml*10本入

グッスミン、飲んでみました。

確かに翌朝の目覚めは良いのですが、寝付きが良くなることは無いんですね・・・。
次の日の朝、眠気は特に無く、快調でした。熟睡出来たということになるんでしょうかね?

しかし、試した翌々日に風邪引いてしまったので、連続して調べることは出来ませんでした。

また機会があるときに試してみたいと思います。

|

ほぼ日手帳を使えるその日まで

ほぼ日手帳2007年版、大事にしまってあります。
今年の12月から使えそうなので、使える日をうずうずしながら待っていたりします。

ほぼ日手帳

どんな手帳か知りたいかたは上のリンクから販売しているサイトをチェックしてみてください。買って損はしない手帳だと思いますよ。
私はこの手帳を公私のスケジュールを記載した手帳として、日記帳の代わりとしても使ってみたいと思います。

12月辺りから、使い勝手について感想を書いていきたいと思います。

|

2006年10月31日 (火)

今更ながら・・・涼宮ハルヒの憂鬱

なにやらアニメなどで人気が急上昇したようですが、小説出始めのころから読んでおりました。

涼宮ハルヒの憂鬱

出始めのころの売り出し文句は文章をほめる内容だった記憶があります。
その売り出しの帯に惹かれて、買ったのですが、当たりでしたね。
読みやすいし面白かった。一人称の小説でここまで楽しめたのは久しぶりでした。
登場人物がとてもユーモアあり、特徴的で間違いなく印象に残ります。

内容も突発的なファンタジーだけど、日常とのバランスが面白く最後まで楽しんで読めます。

しかしオチがなかなか秀逸だった・・・。
お勧めの一冊です。ぜひ読んでみてください。
(中、高校生向けかもしれませんが・・・)

|

2006年10月25日 (水)

ほぼ日手帳

ほぼ日手帳の秘密 2007 Book ほぼ日手帳の秘密 2007

著者:ほぼ日刊イトイ新聞,山田 浩子
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こんな本を読んでいたら、ほぼ日手帳が欲しくなり、LOFTで2007年版を購入してしまいました。

まだ来年からしか使えないので、使用はしていませんが、毎日の行動予定を書きやすい構成になっているところが好感度高いですね。

最初、値段は少々高めかな~と思っていましたが、いざ購入して中身を良く見ると、この完成度なら妥当かもしれないと思ってしまいました。

来年はこの手帳を使ってお仕事してみたいと思います。

|

C1って良いな~

SONYが2000年ごろに販売したC1というモデルのPCをネットオークションで手に入れました。

ディスプレイサイズが8.9インチというところと、キーボードのピッチが17mmというところに惹かれて購入を決定、予想以上に安く手に入れることが出来ました。

使ってみた感覚は、『すばらしい』の一言。
なぜに現在このモデルは新型が開発されていないのか疑問です。
売れると思うんですがね~。

OSはMeはインストールされていましたが、このままでもOKかなと思いつつ使用中。なにしろ安定しているので・・・。
LANポートは付いてないので、ネットワークに繋ぐことはほとんど無いでしょうね。
データはメモリースティックを使ってメインPCと交換となる予定。
HDDが多少ガリガリいっていますので、しばらくして余裕が出来たら大容量のHDDと交換しようかと思っています。
いや~これくらいの時期のPCって、カスタマイズのしがいがあって楽しいわ。

|

«眠気覚まし